就労継続支援B型事業所とは? 仕事内容・あると役立つ資格について分かりやすく解説

投稿日:2021-05-13
執筆/編集:

【こんな方におすすめ】
・就労継続支援B型に興味をお持ちの方
・就労継続支援B型の仕事内容を知りたい方
・就労継続支援A型との違いを知りたい方
・持っていると役立つ資格を知りたい方

障がいによって、通常の事業所への就職が現時点で困難な方への就労サポートを行うサービスが就労継続支援事業です。

就労継続支援事業にはA型とB型の2種類あり、就職や転職先として検討する時に違いが分からず困っていませんか?

今回は、就労継続支援B型事業所の特徴や、支援にあたるスタッフとしての仕事内容、働き方ややりがいなどについてご紹介します。

障がいによって、通常の事業所への就職が現時点で困難な方への就労サポートを行うサービスが就労継続支援事業です。

就労継続支援事業にはA型とB型の2種類あり、就職や転職先として検討する時に違いが分からず困っていませんか?

今回は、就労継続支援B型事業所の特徴や、支援にあたるスタッフとしての仕事内容、働き方ややりがいなどについてご紹介します。

就労継続支援B型事業所とは?

初めに、就労継続支援事業所とはどのような場所なのか詳しくご紹介していきます。

提供サービス内容

就労継続支援事業所は、障害者総合支援法に基づくサービスで、就労を希望する障がいを持った方々のサポートを行う施設です。

就労の機会の提供や、就労に必要な能力を育てるための訓練を行っています。また、そのために必要なサポートとして、健康管理の指導や生活上の相談、関係機関や企業との連携、送迎なども行います。

就労継続支援事業所には、A型とB型の2種類があります。利用者との雇用契約を結ぶかどうかが大きな違いで、A型は雇用関係のもと利用者には原則最低賃金以上が支払われます。

就労継続支援B型では、利用者との雇用契約は結びません。障がいの程度や体調、年齢などにより、雇用契約を結んで仕事をすることが難しい人でも自分のペースで働くことができます。

最低賃金の保障はなく、工賃による月収は就労継続支援A型よりも少ない傾向にあります。作業内容は事業所により様々で、農作業や部品加工、手工芸、製菓、クリーニングなどがあります。

サービス対象者とは

就労継続支援A型と同様に、一般的な企業に雇用されることが困難な方を対象としていますが、その他にもいくつかの条件があります。

就労経験があり、年齢や体力等の問題で一般企業での就労が困難になった場合や、50歳に達している方、障害基礎年金1級受給者といった方が対象です。

障害手帳を持っていなくても、医師の診断や定期的な通院によっては利用することも可能ですが、自治体の判断によります。

就労継続支援B型事業所での主な仕事内容とは

就労継続支援B型で利用者をサポートする仕事とは、具体的にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

利用者の作業・活動の訓練支援

働くために必要な能力を身に付けるための訓練にあたったり、利用者の個性や得意分野を引き出しながら作業のサポートを行います。一緒に作業をすることもありますが、あくまでサポート役です。

利用者の具体的な訓練内容、作業内容は事業所によって異なります。

  • パソコンでのデータ入力、ホームページの制作・更新作業
  • パンやクッキー等のお菓子作り
  • 製品の梱包・発送作業
  • 衣類のクリーニング
  • 清掃作業
  • 農作業

施設外就労支援

事業所内に留まらず、地域の企業や官公庁などでの作業を支援します。
この場合、利用者に指示するのは施設外就労先ではなく、就労継続支援事業所の職員を介して行うこととなるため、施設外就労先の担当者とのコミュニケーションは欠かせません。何らかの緊急時にはすぐに対応を行います。

利用者、利用者家族への相談業務

日々の困り事や悩みなどの相談に応じ、解決に向けた支援を行います。

個別支援計画書の作成

個別支援計画書とは、利用者の課題を明確にし、何を目標にしてどう支援していくのかを表す計画書です。この計画書によって利用者やその家族と事業所側が支援の方向性を共有することができます。そして、毎日の支援の指針となります。

送迎

送迎の実施については、事業所ごとに異なります。都心のような公共交通機関が整っている場所であれば送迎をしている事業所は少ないかもしれません。一方で、地方の事業所の場合は送迎を行っているところもあります。利用者の自宅まで送迎する他に、集合場所や事業所の最寄り駅まで送迎するケースもあります。

【就労継続支援A型事業所の求人はこちら】

就労継続支援B型事業所での役立つ資格

就労継続支援B型では、様々な職種のスタッフが活躍しています。

サービス管理責任者

個別支援計画を作成したり、事業所のサービス全般を管理したりする、現場のリーダー的な立場を担います。一定の実務経験や研修の履修が必要です。

介護福祉士

介護の国家資格です。養成校を卒業するか、実務経験を積み介護福祉士実務者研修を修了した後に国家試験に合格する必要があります。

社会福祉士

福祉の国家資格です。医療や福祉、行政、教育等の場で日常生活を営むのに問題がある人からの相談に対し支援します。大学等で指定科目を履修する、あるいは養成施設を卒業し、国家試験に合格する必要があります。受験資格を得るには、実務経験が必要になることもあります。

精神保健福祉士

精神障がい者に対する相談援助等を行う国家資格です。大学等で指定科目を履修、あるいは実務経験を経て養成施設あるいは講習会を修了し、国家試験に合格する必要があります。学校を卒業しても、場合によっては実務経験が必要となることもあります。

初任者研修(ヘルパー2級)

正式には介護職員初任者研修といいます。介護職として働く上で基本となる知識や技術を習得できる資格で、自宅介護に役立てるために資格取得を目指す方も多いです。未経験から介護職として働く場合、まず始めにとるべき資格とも言えるでしょう。

運転免許

利用者の送迎や、関係機関との連携などのために車を運転する機会もあるため、持っておいた方が就職に有利になることも多いです。

就労継続支援B型では、これらの資格を持ち専門性を生かせる人材が就職に有利になることもありますが、未経験や無資格の状態であっても仕事をすることができます。

働きながら取得を目指せる資格もあり、実際にスキルアップを目指しながら熱意をもって従事している人もたくさんいます。未経験・無資格だからと諦める必要はありません。

就労継続支援b型事業所の働き方とは?

就労継続支援B型の求人には、常勤・非常勤どちらの募集もあります。自分のライフスタイルに応じて選択し働くことが可能です。

【非常勤・パート】

家事や育児等との両立のために、フルタイムで仕事をせず働きやすい時間帯を選んで仕事ができるというメリットがあります。徐々に職場に慣れていきたい方にもよく選ばれる勤務形態です。

【常勤】

基本的に1日8時間、週5日のフルタイム勤務となります。正社員として採用されたい場合はこちらの勤務形態を選ぶこととなるでしょう。

就労継続支援B型事業所での仕事のやりがい

就労継続支援B型には、これまで一般的な企業で就労経験がある方も多数利用されます。

病気やケガなどで一般就労が難しくなった方のサポートや、障がいにより一般企業への就労が困難な方の支援は思い通りにいかないことも多いです。しかし、利用者の課題を見つけ少しずつできることが増えたり、毎日を前向きに暮らすことにつながったりすると、大きなやりがいを感じるでしょう。

まとめ

仕事は、私たちが生きていく上で欠かせないものです。生活のためだけでなく、自分の居場所を作り、役に立っていると実感できることは、気持ちの安定にもつながります。

障がいを持つ人々の就労をサポートすることは、その人の人生の一部に関わる大切な仕事です。ぜひ、障がい者の福祉に携わりたいと考える人は、求人票をチェックしてみましょう。

【就労継続支援A型事業所の求人はこちら】