放課後等デイサービスで働く方法とは?仕事内容・必要資格について分かりやすく解説

投稿日:2021-05-13
執筆/編集:

【こんな方におすすめ】
・放課後等デイサービスに興味をお持ちの方
・課後等デイサービスの仕事内容を知りたい方
・持っていると役立つ資格を知りたい方

児童の保育や福祉に携わりたい、持っている資格を活かして仕事がしたいと考える人にとっては、放課後等デイサービスの仕事内容は気になりますよね。2012年の児童福祉法改正に伴い、事業者の参入規制が緩和されたことで、施設数も急増し、採用のチャンスも増えていることから、具体的に就職や転職を検討している人もいるでしょう。

そこで今回は、放課後等デイサービスについて、仕事内容や必要となる資格、働き方などを中心に分かりやすく解説していきます。

放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスは、障害のある子ども達が通う福祉サービスです。放課後や休日、夏休み・冬休みといった長期休暇の際に利用できます。

放課後等デイサービスの役割

放課後等デイサービスの役割は、主に3つあります。厚生労働省の放課後等デイサービスガイドラインには、以下の役割について明記されています。

  • 子どもの最善の利益の保障
  • 共生社会の実現に向けた後方支援
  • 保護者支援

このガイドラインでは、学校や家庭とは違う環境で、障害のある子どもの最善の利益の保障や健全な育成を図るだけでなく、社会的に保護者を支援するためのものでもあると明記されています。そして、放課後児童クラブなどの一般的な子育て支援施策をバックアップする役割も兼ね備えているともあります。

放課後等デイサービスの利用者

放課後等デイサービスを利用するのは、基本的には障害のある小学生~高校生です。

ただし、20歳までの間は、継続してサービスを利用しなければその福祉を損なうと行政が判断した場合、続けて利用することも可能です。

【放課後等デイサービスの求人はこちら】

放課後等デイサービスの主な仕事内容

それでは、放課後等デイサービスではどのような仕事をするのか、具体的に見ていきましょう。施設によって多少特徴が異なりますが、基本的には以下の内容で支援しています。

個別支援計画に基づいた支援

放課後等デイサービスに通う児童・生徒は、障害の種類や程度が異なるため、必要な支援や療育プログラムは個別支援計画に基づいて実施されます。

ここでの業務は職種によって異なりますが、個別の療育プログラムに沿って課題を取り組む際の補助、学習指導、集団での遊び、余暇の提供等が代表的です。

支援はそれぞれの児童・生徒に合った方法で行われ、日常生活を送る上で必要な学習やコミュニケーションスキル等を身に付けるために支援をします。支援方法は、様々で、創作活動、運動、音楽などを通して行うこともあります。

また、施設内に留まらず、社会経験を豊かにするために、地域の行事に参加したり社会科見学を実施するなどして施設外での支援をすることもあります。

学校、自宅間での送迎

放課後等デイサービスへの行き来は、スタッフが対応することが多いです。学校のある平日は下校時に学校に迎えに行き、施設の終了時刻になると自宅へ送ります。休日は、自宅への送り迎えをします。

書類の作成、保護者とのコミュニケーション、面談など

放課後等デイサービスを利用する児童・生徒の日々のケア記録等の書類を作成したり、保護者からの相談に乗ったり、日頃の様子を聞くなどして面談をすることもあります。

1日の主なスケジュール

(例) 学校のある日

  1. 出勤
  2. 活動プログラム等の打ち合わせ、事務作業
  3. お迎え
  4. おやつ、状態観察
  5. 学校の宿題の補助、個別支援計画の実施、自由活動等
  6. お見送り
  7. 記録の作成、掃除

放課後等デイサービスでの優遇資格

放課後等デイサービスで働くには、資格が必要かどうかも気になるところですね。
確かに、資格の種類によっては採用時に優遇されたり、よりキャリアアップしたい時に役立ちます。

児童発達支援管理責任者

放課後等デイサービスの施設全体の管理や、スタッフへの指導、児童や保護者との面談、個別支援計画の作成等を行います。施設のリーダー的な存在となるため、この資格を取得するにはいくつかの条件を満たす必要があります。

児童指導員任用

「児童指導員」という資格はありません。条件を満たすことで名乗ることができます。その条件とは、4年生大学で指定の科目を修了する、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する、高校卒業以降2年以上障害福祉事業に従事する、社会福祉士等の資格保有者などがあり、どれかに当てはまる必要があります。

保育士

保育に携わる国家資格です。厚生労働大臣の指定する学校その他の施設で必要な科目を履修し卒業することと、国家試験に合格する必要があります。

普通運転免許

送迎業務を実施している放課後等デイサービスであれば、運転免許を持っているかどうかも重要なポイントです。
その他には、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリの専門職も優遇される場合があります。

放課後等デイサービスでは、児童指導員と保育士を半数以上配置する必要があります。そのため、これらの資格を持った人材は採用時に有利です。しかし、未経験・無資格でも採用のチャンスはあります。

放課後等デイサービスでのやりがい

放課後等デイサービスは、小学生~高校生と、幅広い年齢の子どもが利用します。それぞれの発達段階や障害の程度に応じた支援は大変かもしれません。しかし、ひとつずつ出来ることが増えたり、得意なことがさらに出来るようになったりと、やりがいを感じることができる仕事でもあります。
また、子育てに悩む家族の支援をすることで、児童福祉に良い影響をもたらすことは言うまでもありません。

まとめ

少子化に伴い、放課後等デイサービスで働くチャンスは多くないと思われるかもしれませんが、実際は違います。近年では、民間事業の参入で、放課後等デイサービスは増加傾向にあると言われています。

医療や介護、教育に携わった経験を活かすことも可能です。もちろん、無資格や未経験でも採用のチャンスがあるため、これから児童福祉に携わりたい方は求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

【放課後等デイサービスの求人はこちら】