職業指導員とは?資格の取り方・仕事内容について分かりやすく解説

投稿日:2021-05-31
執筆/編集:

【こんな方におすすめ】
・職業指導員に興味をお持ちの方
・職業指導員として働きたい方
・職業指導員の仕事内容を知りたい方

障害者福祉の分野において、就労支援は利用者の生活に大きく影響する大事な仕事です。就労支援を通じて障害者の方をサポートしたいと考えている方は、職業指導員という職種について知っておくことをおすすめします。

ここでは、職業指導員の役割や仕事内容、活躍できる職場などをご紹介します。

職業指導員とは?

職業指導員とはどういった役割なのか、サポート対象者はどういった人なのかについてご紹介します。

職業指導員の役割

職業指導員は、就労を希望する障害者などに対して、就職に関する支援や技術習得のための訓練、指導を行います。就労を通じて、障害を持つ方々が経済的に自立したり、自己実現につながったりすることが期待でき、とても大切な職種です。

具体的に、どの分野で働くことを希望するのか、適正を見ながら決め、必要な知識や技術向上のために現場で使えるスキルを向上させるのが主な役割です。

職業指導員の対象者とは

主に、就労を希望する障害者が対象となります。その他には、児童福祉施設を利用する児童が対象となることもあります。

職業指導員の仕事内容

主に、希望する職業に就くために必要な技術や知識を習得するための訓練や指導を行います。

具体的には、パソコン、木工、園芸、農耕、調理などが代表的です。 在籍する事業所が地域にサービスを提供したり、商品を製造して販売している場合は、これに関した技術を教えることもあります。

職業指導員になるには

職業指導員として採用されるために必要な資格はありません。ただ、これは法令上必要がないだけで、実際には職業訓練が行えるだけの経験や技能を有していることが求められることが多いです。

また、障害者施設では社会福祉主事任用資格、児童福祉施設では児童指導員任用資格が求められることも増えてきているため、無資格よりはこれらの資格を持っていた方が就職に有利になることがあります。

【職業指導員の求人はこちら】

職業指導員の活躍できる職場・就職先

職業指導員が活躍できる、就職先について詳しくご紹介していきます。

就労移行支援事業所

65歳未満の、就労を希望する障害者が対象となる施設です。一般企業で働けると見込まれることが前提で、利用されています。この事業所内での生産活動や職場体験等を通して就労のための技術と知識を身に付けるためのサポートをします。

就労継続支援事業所

一般企業で働くことが難しい障害者が対象となる施設です。就労した経験はあるものの、年齢や体力等の理由で就職が難しい人も対象となります。こちらも、事業所での生産活動や働くことを目指した訓練のサポートをします。

児童福祉事業所

児童が自分の適性や能力に応じた職業を選択するため、相談に乗ったりアドバイスをします。必要な情報を集めたり、実習・講習の指導も仕事の一部です。また、退所後の児童の就労に関する相談も受け付けます。

職業指導員のやりがい

障害のある方々が希望する仕事に就き、働き続けることは、その人の人生においてとても大事なことかもしれません。

しかし、何らかのサポートが必要だったり、クリアすべき課題があることも多く、職業指導員として就労のサポートをすることは難しい場面も多々あるでしょう。

まとめ

就労を希望する障害者の方々は決して少なくありません。国は、これまで何度も障害者の雇用に関する法定雇用率を見直しています。そんな人々を支援する職業指導員の需要は今後も変わらないと予想されます。

介護に関する資格がなくても採用のチャンスがある職種ですので、転職を考えている人にもおすすめです。

【職業指導員の求人はこちら】